お茶を買うなら静岡がおすすめです

健康に良いとされる飲み物はたくさんありますが、お茶も健康に良いと言われる飲み物の一つになります。日本でも様々な地域で栽培されており、麩発酵茶である緑茶が多く生産されています。日本で茶というと、多く場合には緑茶のことを指し、煎茶や玉露、番茶やほうじ茶などのことを言います。ほうじ茶は色が茶色ですが、これは煎茶などを焙じて作ったものになります。このように茶には、製法などにより様々な種類に分けることができます。そのような茶ですが、飲むのであれば美味しいものを飲みたいことは当然であり、種類もたくさんあるため吟味して選びたいものです。そのようなときにおすすめの場所が、静岡になります。茶に関しては色々な特徴があるので、最初に検討してみましょう。

茶の生産量が日本一の県になります

日本のお茶の生産量の第一位はどこかと言われると、ほとんどの人が静岡県と答えるほど茶に関しては知名度が高い県になります。日本の生産量の40パーセントほどが生産されており、栽培されている場所は県下全域になります。また、茶園も大規模なものがあります。京都に奈良、滋賀に三重の四府県産茶である宇治茶、埼玉県西部と東京都西多摩地域を中心に生産される狭山茶と並んで、日本三大茶とも言われています。それだけ、知名度もある茶であるので、購入するときも安心して買うことができます。その際には、静岡茶と明記されているものを選びましょう。これは表示基準が規定されているものであり、県内産の茶葉を100パーセントしようしたものになります。最終的な加工が県内で、県内産茶が50%以上100%未満使用したものはブレンドと表記されます。

条例を制定するなど力を入れている

お茶を飲むのであれば美味しいものがいいですが、生産県も力を入れていることも重要なポイントになります。ただ生産するだけであれば厳密な基準などが設けられていない場合もあり、安心することができません。静岡県では県の条例として、小中学校の児童生徒の茶の愛飲の促進に関する条例を可決施行しており、茶に関する力の入れ具合がわかります。このように、全国一の生産量だけでなく、県全体で力を入れていることからもおすすめできる山地になります。そして、生産量が多いことはそれだけ手に入れやすいお茶でもあるので、全国で見かけることができることになります。どんなにおいしい茶であっても生産量が少なく手に入らないのであれば意味がないので、どこでも手に入るものが、普段飲むには最適なものになります。