静岡の名物であるお茶の選び方は

美味しいお茶はほっと一息つくのに欠かせない存在です。特に有名な静岡のものが手に入れば、それだけでもこころが浮き立つ事でしょう。たくさんあるのでどれを選べばいいのか迷ってしまいますが、玉露や煎茶など、パッケージに書いてある内容を見て下さい。茶葉そのものを見て選ぶ機会があるなら、色あせているようなものは品質が落ちているので避けるようにしましょう。味の好みもありますので、苦めがいいのか、まろやかな口当たりが良い飲みやすく感じられるものがいいのかというのんだ時の味なども一度考えてみるといいでしょう。値段も予算に応じていろいろ用意されていますので、鮮度が落ちないように程よく飲める量のサイズで購入できるよう小さめのものを少しずつ選ぶと良いでしょう。

いろんな種類のものからお気に入りを選ぼう

静岡で作られているお茶もたくさんありますので、お店によって取り扱っている種類がどんなものがあるのかまずは見ていきましょう。煎茶や玉露、ほうじ茶や番茶など、名前だけでもたくさんあって目移りしてしまうことでしょう。飲んだ事が合ってイメージが湧くならその感覚で選べばいいのですが、通販などで購入する時には失敗しないようにお店に味や香りなどを確認しておくと選ぶときの参考になります。また、自分用なのか来客用、贈答用と用途によっても選ぶものは異なってくるので、複数の種類を組み合わせたりするのもおすすめです。少しずつ小分けして購入が可能であれば、飲み比べながらお気に入りのものを探してみて下さい。もっと美味しい茶の世界に浸ってみたくなることは間違いありません。

パッケージの表示もチェックを忘れずに

何気なく静岡産の良いお茶だと思ってパッケージを手に取って購入する事も多いかもしれませんが、一度はじっくり表示を見てみましょう。他にもいろんな表記がされているので、産地や量、賞味期限や保管方法などの基本だけでなく、品種の記載や銘柄、ブレンド茶かどうかという事も記載がある事もあります。自分が飲んでいる茶葉がどのように書かれているのか見比べていくと、次に購入する時にもどんな風に書いてあるのか興味も出てくるので、より良いお茶選びに役立てる事ができます。高級銘柄や産地のものを購入して、失敗したという気持ちになると残念なものです。自分で表記の確認もしつつ、お店の人にもアドバイスをもらいながら選ぶようにすれば、しっくり来る自分が飲みたいものを見つけることが出来るでしょう。